小学生時代の友人の家への思い出について

誰でも大人になると、ふと子供の頃の思い出が蘇ってくるものです。2歳や3歳の頃や幼稚園児の頃の思い出はほとんど覚えていない人が多いでしょう。けれども小学生時代になると、結構覚えているものです。

私には小学生時代に頻繁に遊びに行った友人の家への思い出があります。その家ではとにかくゲームを数えきれないほどたくさんして楽しみました。私が小学生の頃の男の子の場合は、ゲームを楽しむことが主流でした。なぜその家への思い出が私の心の中に強く残っているかというと、やはりその家で遊んだことが本当に楽しかったと私の頭の中に強く記憶されているからです。

一番よく行っていた時は、ほぼ毎日のように行っていました。その家は3階建てであり、私がよくゲームをした友人の部屋も3階にありました。当時は3階建ての建物がすごく珍しく感じられたため、とても新鮮な気持ちを味わうことができました。そして小学生にとっては難しいゲームを友人と協力してクリアしていくことには、本当に強いやりがいを感じられました。