実家の売却で思うこと

PR| 断熱性能で話題のCW断熱|

先日、諸事情で私の育った実家を売却することになりました。私はすでに結婚し家を出ていましたが、実際に実家を売却してみると色々と思うことがありました。

売却した家は私が三歳の頃、父が購入したいわゆる注文住宅です。初めてのマイホームに建設時から何度も足を運んだそうです。

私は三歳から就職で家を出るまで二十年近くを実家で過ごしました。毎日弟と喧嘩した事や、飼い始めた犬がドアの一部を壊したのでずーっと段ボールでふさいでいた事、みんなで食卓を囲み、笑ったり、喧嘩したり、相談したり色々なことがありました。初めて恋人を連れてきたり、結婚の報告をしたり。実家はずっと残るものだと思っていましたし、自分が子供を産んで当たり前のように里帰りするのもこの家だと思っていました。

突然の事情で売却することになったので、売却自体に異論はありませんでしたが、もうこの家に戻れないということが現実となると、なんとも寂しいものでした。

私たち家族が大事に過ごしたあの家が、今度は誰かの大切な家として今後も大事にしてもらえると嬉しいです。