より品質の良い住宅を建てる為に国でも様々な補助金のシステムなどを取り入れています。以前は長期優良住宅などありましたが、ゼロエネルギー住宅という制度も最近ではあるようなのです。ゼロエネルギーというのは、文字通りエネルギーのかからない住宅ということです。

一般的な住宅も冷暖房や、照明器具、あるいは給湯設備や電気類をかなり利用しているので、こういった部分を削減していけば、ある程度はエネルギーゼロに近くなりますし、それは地球温暖化対策や、家の耐久性を上げるような効果もあるのです。

ゼロエネルギー住宅を建設するためには初期費用がかなりかかるということです。例えば、照明などは一般的な蛍光灯ではなくLEDランプを使わなければならないので、そういったものを購入するのにも費用がかかりますし、給湯システムなどもエコウィルやエコキュートなどの導入しなければなりません。

エネルギーを効率よく作る為の太陽光発電の設置も必要ですので、建築する時に初期費用はかなりかかります。ですが、ゼロエネルギー住宅を建築すれば、ランニングコストもかかりませんし家が快適になるのは間違いないので、やっておいた方が良いのかもしれません。

私の父は、大工を自営業でしており、小さい町ですが、町内の人からの評価も高いようで、一度仕事をすると、そのお客さんからの再依頼が結構来るほどの腕です。

そのため息子である私も、大工の手伝いを何度もしたことがあります。

その時の経験や、父の話からの情報になりますが、断熱性を高めるには、やはり家の壁の部分にグラスウールと言う、ガラス繊維の断熱材を入れることで、格段に高める事が出来ます。

素手で直接触るとちくちくして、しかも皮膚にくっつきやすいので、少々取り扱いに注意が必要ですが、断熱性は抜群で、スポンジに似た感触なので、ハサミのような物で好きな形に切断しやすく、狭い隙間部分や多少いびつな形をした部分にも、簡単に入れることが出来る優秀な断熱材です。

父も常々、グラスウールの入っている家とそうで無い家とでは、暖かさが全然違うと言っています。

数々の家を建ててきたプロの目線から見ても、素晴らしい断熱材だそうです。

しかも防音効果もあるため、外からの音も聞こえにくくなり、これを使わない手は無いといった感じです。

北海道や東北など、寒い地域では、必須の断熱材と言えると思います。

<特別サポート>健康マニアによる無病ライフ|エロチャット|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|